作業員たち

ボルトとナットについて知る|材質やネジ規格の種類による特徴

厳しい環境での材質選択

ボルト

様々な場面で使用されているボルト・ナットですが、その種類は数多く存在します。それらの種類というのは、使用する場面によって組み合わせが考えられ使い分けられるものです。その組み合わせというのは、基本的にボルトとナットそれぞれ同じ材質のものでお互いの強度を補える組み合わせになります。実際、そういった組み合わせであれば十分な締付力を保つことができるでしょう。しかし、使用する環境によってはその締付力を維持できなくなる場合があるのです。例えば、屋外等の雨風に曝される厳しい環境に設置される設備等にて、ボルト・ナットを使用するとなって時には傷や錆による劣化のリスクが発生します。その時の組み合わせにおいて、材質を鉄としてしまった場合には劣化によって十分な締付力を保てなくなるはずです。そのため、環境に合わせた材質選びが重要になります。
ボルトとナットの組み合わせにおいて、屋外における厳しい環境での使用に適した材質としてステンレスが挙げられます。ステンレスというのは、高い耐食性を持った金属です。近年、近年を使用する多くの事業の間で注目されるようにもなり、その知名度は高いものとなりました。ステンレスは汚れや傷、錆に強い金属です。それを実現しているのは、ステンレス表面に構築されている不動態被膜です。不動態被膜はステンレスが自己生成するコーティング材のようなもので、雨風から金属本体を守ることができるのです。この材質のボルト・ナットの組み合わせであれば、屋外の厳しい環境でも十分な締付力を保つことができるでしょう。