作業員たち

ボルトとナットについて知る|材質やネジ規格の種類による特徴

注目されるネジ規格

男性

ボルトとナットには様々な種類の規格が存在し、その規格によって特徴が異なります。例えば、蝶ボルトや蝶ナットあれば工具を使用せずに締付・取外しを行えるといった特徴があるのです。近年、ボルト・ナットにおける様々な規格の中で、キャップボルトと呼ばれる規格が注目を集めるようになりました。キャップボルトは従来のボルトと同様にナットと組み合わせて使用されますが、従来のものと比べ決定的な違いが存在するのです。その違いというのは、頭部形状です。
キャップボルトの頭部形状というのは、従来のものと異なり六角ではなく六角穴を採用しています。そうなってくると、締付作業で使用する工具も変わってくるでしょう。一般的な頭部形状である六角であれば、その締付作業はソケットレンチで行われます。それに対し、頭部形状が六角穴であった場合には、締付作業を行うための工具が六角レンチになります。その違いは、ボルト・ナットを使用する事業において大きなメリットを与えるのです。基本的なメリットでいえば、作業性の向上が挙げられます。六角レンチというのは狭い環境での締付作業も比較的容易に行えるため、ソケットレンチでの締付作業に比べ作業性が向上するのです。事業者が得られる一番のメリットとしては、装置のコンパクト化ができるといったポイントになるでしょう。キャップボルトは六角レンチを使用して締付作業を行うため、ボルト間の狭小化を実現することができます。その結果、装置のコンパクト化も可能になるのです。