作業員たち

ボルトとナットについて知る|材質やネジ規格の種類による特徴

ネジ規格の発注について

複数の作業員

ネジ規格の種類というのは多岐に渡り、その一つボルトと呼ばれる規格が存在します。ボルトはナットと組み合わせて使用される規格のことを指し、様々な分野の事業で使用されているのです。例えば、機械の開発・生産する事業等では、二つの部品を締結するためにボルトとナットを使用します。ボルトとナットの使用量というのは生産する機械一つあたりにたして多数必要になるため、その消費量はかなりのものとなるでしょう。そのため、機械の開発・生産を行う事業者は生産ラインを停止させないためにも、ボルトとナットを必要量所有しておく必要があるのです。そういった細かい部品というのは、事業者が自社生産している訳ではありません。多くの場合、ネジ販売専門業者に発注して手に入れています。
ネジ販売専門業者と一概に言っても、一般利用者向けの業者や法人向けの業者が存在するのです。事業者がボルトやナットの発注を行う時、一般利用者向けのネジ販売専門業者に発注を行ってしまうと、必要量取り揃えられなかったり即納性に欠けていたりと様々なトラブルが発生します。そのため、それらの発注を行う際には、法人向けのネジ販売専門業者に発注する必要があるでしょう。また、そういった業者の中でも、グループ会社のネットワークが幅広く、即納性に特化している業者に発注することをお勧めします。そういった業者であれば、商品バリエーションや在庫も豊富であり、即納性もあるはずです。